ピラティス指導者向けメンターセッション

私がオーストラリアで取得したピラティスの資格は、オーストラリアの国家資格に認定されているDiploma (ディプロマ)とそのもう一つ上のAdvanced Diploma (アドバンスディプロマ)です。このトレーニングや生徒さんの試験チェックを行うには、こちらも国家資格に認定されているTraining and Assessment のディプロマを保持している必要がありますが、私はこれも同時に取得しました。(厳しい国内・国際基準だと思います…ピラティスの資格の基準については長くなるのでまた今度詳しくまとめます)


今までもオーストラリア・シンガポールから生徒さんの試験のチェックなどサポートをしていきましたが、今回、上記ピラティストレーニングの日本版を学んだ生徒さんと、メンターセッションを通して交流がありました。

資格を取ったばかりの方、もうすぐ資格を取れそう、という方も、皆さん学びの姿勢が素晴らしい!

今まで学んだことのすり合わせをしつつ、違う観点からも体への学びを深められる機会になったと思います。



どこのピラティス団体かにかかわらず、常に学んでいく姿勢はこのキャリアの中では本当に大切な要素だと思います。資格取得はゴール、それで終了!ではなくて、それはある意味スタートにすぎませんね😁



一つのエクササイズを深めることから、”教えていてこんなところが難しい”、”こういう体にはどうアプローチすれば良いか”、などなど。ピラティス経験のある体でも、アプローチが違ったり、みんながどんなところに疑問を持っているのかなど、こちらが学ぶことも多いです。



ピラティスの指導をされている方向けにも、メンターセッションをオンラインにて随時提供しています。興味のある方はお気軽にお問合せください!


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示