サスティナブルな社会へ向けて

ピラティスをすると自分の身体と向き合うことができます。

特に姿勢解析(静的・動的どちらも)をすると、体のクセもお伝えすることが出来るので、自分の体がどう動くのか、姿勢などから痛みなどがある場合は原因なども見ていくことができますね。



ここシンガポールでの長年の友人が、とっても嬉しいフィードバックを先日ブログに上げてくれたので、紹介します。ハッピーのヒントというブログで日々ポジティブでいるヒントをシェアしているので興味のある方はのぞいてみてね!

彼女は2人の子供がいながらフルタイムで働いている素敵な女性。HIITやランニングもパワフルにこなす彼女ですが、PCに向かう時間が長いこともあり、長年の肩こりに悩んでいる一人。


シンガポールのスタジオでマシーンを使って数回のセッションをしたのち、今はオンラインのマットクラスを継続して受けてくれています。


『オフィスでPCに向かって座っていても1時間に1回は肩を回して肩甲骨を動かす。背筋をなるべくまっすぐにして座る。

歩く時も、まっすぐな姿勢を意識して歩く。

など小さな意識を重ねていくと、少しずつ身体の癖が治り、肩こりも緩和されていきました。

ピラティスの先生に大感謝です』


いつもクライアントからは言葉で伝えていただくことも多くあり、本当に感謝しきれませんが、こうして文字にしてもらうと後からじわじわと嬉しさがこみ上げてきます☺️☺️ 嬉しい!いつもありがとう❤️



私のピラティスセッションを通して伝えることは、一時的な改善ももちろんですが、まずはクライアントが自分の体に向き合って体のことを理解し、長期的には自身でメンテナンスをしてもらえるようになること。この「良い状態の体」への長期的改善が出来るようになると、そこからの体力強化やパフォーマンス向上も効率よく行えます。


これは健康と環境を維持するという意味でも、サスティナブルな社会に向けて出来る体作りの一環だと思います。スタジオでもオンラインセッションでも、ピラティスを通してそのお手伝いができれば嬉しいです。

閲覧数:0回0件のコメント