ピラティスインストラクター 2020年を振り返る

写真は昨年のピラティスイベントのもの。



このパンデミックになって、ウェルネス・ヘルス業界、ピラティス業界でも当たり前が当たり前でなくなりました。

それを悲観するのではなく広がった可能性を追求できているのは、個人の努力や苦労に加え、皆で新しいものに柔軟に対応し、業界全体でお互いが助け合ってきたからだと感じています。


世界の裏側のクライアントとセッションができたり、今まで飛行機に乗って会いに行っていたメンターと繋がれるなど、今までは簡単ではなかったこと。


「写真のようなイベントができる日が来るのか?」と考えていた数ヶ月前ですが、今振り返ると、対面ではないにしろ

「あれ、イベントできている」

「トレーニングもワークショップもできているじゃないか」

と気づくこの頃。

しかも以前では地理的にできなかったことまで実現している。

結局、周りの皆様に支えられて自分自身ずいぶんパワーアップした2020年だったように思います。

大変な世の中ではありますが、

できないよりも、できることに目を向けて

できなかったよりも、実現できたことに目を向けて、

残りの2020年も今年を振り返りながら過ごしたいと思います。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示